購入編1:下調べ

前回までにロードバイクに乗るきっかけをこちらでまとめました。

きっかけ0:http://rideonbike.tokyo/archives/48
きっかけ1:http://rideonbike.tokyo/archives/53
きっかけ2:http://rideonbike.tokyo/archives/55
きっかけ3:http://rideonbike.tokyo/archives/57

なんだかよくわからないのですが、ロードバイクを買ってみようというところまできたわけです。この時点で1月末くらいの話しでした。

 

さて、購入といっても町の自転車屋さんどこでも買えるわけではなさそうだということはわかります。さらにロードバイクってどんなブランド、種類があるのかもわからない。弱ペダに出てくるものはなんとなくわかるようになってきたけど、それでもメーカー・ブランドが多そうで悩みます。

 

近所の自転車屋さんだと、憧れのケルビムや事務所近くのビアンキショップはわかるけど、あとはどうやって買ったらいいかもよくわからない状況でした。

最初はウェブサイトをみていたのですが、当然知っているブランドのトレック、ビアンキ、スペシャライズド、タイム、あたりをさっと見るだけでした。

まずは、知ろう!と思って買ったのが、「ロードバイクオールカタログ2017」と「ロードバイクインプレッション2017」の2冊です。これ、2冊で2キロくらいあるんですよ!重かった(笑)(画像クリックでAmazonのページが開きます。)

 

ロードバイクオールカタログ2017 (エイムック 3575)

ロードバイクインプレッション2017 (エイムック 3587 BiCYCLE CLUB別冊)

 

そしてカタログを見てみたら、思っている以上にメーカー・ブランドが多くてびっくりしました!むしろ迷宮に迷い込むよこれは!

 

といいつつ毎日インプレッションとカタログを見てはいるものの、いいなーと思ったフレームはカタログの表紙のコルナゴ!ってむっちゃ高いやないかーい!うーむ。

いいと思うものはやはり高い。さて困ったなーなんて思っていたらオットは、ウェブを見ているときからいいなぁと一目惚れしたフレームがあったようなのです。私はいいと思うと高すぎるか、程好き価格のものだとピンとくるものがなくて悩ましい状況でした。

予算に関しては、初めてですし(=どうなるかわからないしw)、10万円くらいをイメージしていました。なんなら10万円切るのでもいいかなーなんてざっくりした感じでした。
このくらいの価格でも一般的には高いということはわかります。かつてMTBの購入経験から慣れているというか、いい自転車は高い!ということを知っていたのでそこまで驚きはしなかったのです。

 

のんびりとカタログを見ていた数日、ふとあることに気づきます。
それは、実際購入するとなるとタイミングが大切だということです。
我が家はサッカーのサポーターでもあるので、2月の末から11月にかけての土日半分以上は競技場に行きます。(地元の競技場にいく時に乗って行けるねというのも理由の一つだったのですが、あとからそれは難しいということに気づくことになります。・・・その話はまた今度)

そう、開幕前に納車してもらうならそろそろ決めなくてはいけないでしょう。
即日納車じゃないことはなんとなくわかりますし、カタログだけ見ているより現物見た方がピンとくる気がして。

そんな時に仕事の入っていた土曜日、仕事がキャンセルになりまるまる一日空いたのでした。

次回、自転車屋さん巡りに入ります。

きっかけ3:あれよあれよと・・・

こんにちは。気づいたら13個も下書きがあり嬉しいやら焦るやら・・・のおとです。更新頻度30回転あげていかねば!

きっかけ0:http://rideonbike.tokyo/archives/48
きっかけ1:http://rideonbike.tokyo/archives/53
きっかけ2:http://rideonbike.tokyo/archives/55

 

ロードバイクってすごいなーというところは、漫画からたっぷり得たわけですが、なぜ購入に至ったか・・・

これがなんとも流れというか思い出せないんですよ。

ざっとあげてみると

・ジムに行くよりもやすい
・病院の先生にも運動するなら自転車がいいよ勧められていた
(先生も自転車で痩せた方だそうで)
・運動するのにジムに行く時間もないけどいつでもできる
・夫婦でサッカーのサポーターをしているのですが、試合に行きながら運動もできる。
・なんか楽しそう
・今のMTBもお互い10年近く乗っているからそろそろ新しくしてもいいだろう

などなどの理由はあげられますが、まぁこの一言でしょう。

弱虫ペダル読んだら乗ってみたくなっちゃった。

 

ということで次回からは購入編に入ります。

おっかしいなぁ。なんで思い出せないんだろう・・・

きっかけ2:まさかの「ろんぐらいだぁす」から

自分は弱虫ペダルにはまった。
家族と共有したいがなかなかきっかけがつかめない・・・というお話の続きです。

きっかけ0:http://rideonbike.tokyo/archives/48
きっかけ1:http://rideonbike.tokyo/archives/53

 

さて、オットも自転車が好きだしきっとこの漫画楽しめると思うんだけどなぁ、一緒に弱虫ペダルの話がしたいなぁ・・・・と思っていました。
そんなある日のこと、弱虫ペダルを見てまたちょいちょい自転車に乗り始めたもののグリップがボロボロで手やグローブに朽ちたグリップの粉が付きはじめたので久々に二人で少し離れた自転車屋さんへグリップを買いに行きました。(オットも元々MTBをクロス化した自転車に乗っています。)

その直後に始まったアニメ、「ろんぐらいだぁす」を自転車ものだしと予約してみて一人の時に見ていた私。

何がびっくりしたって最初に出てくるサイクリングロードが、私たちの知っている場所でグリップを買いに行った時に通った道だったんです(笑)!

そのシーンだけでもオットに見せなくては!と、ちょっと引き気味のオットに「ここだけ見てみて!」と見せたら「ここ行った場所じゃん!おぉー!」っと食いつき、その後ろんぐらいだぁすを毎週見ることになりました(笑)

 

そして、時々行くバーに行った時にその常連さんたちが弱虫ペダルのドラマにハマっているという話になりました。

そのお店のマスターや常連さん達がオットに弱虫ペダルの面白さを伝えてくれたんです。

 

というような幾つかのタイミングが重なり、気づくとオットも弱虫ペダルにハマりました。
年明けから3期のアニメも始まるタイミングでもあったので、年末年始のお休みは弱虫ペダル漬けでした(笑)

弱ペダ沼にどっぷり浸かった夫婦いっちょあがりです。

もちろんアニメ第3期もがっつり見ていますし、しばらくKindleで買っていた単行本も今では紙で買うようになりました(そのほうが二人で読みやすいから)。

ロードバイクまであと一歩!