きっかけ1:3年越しの弱虫ペダル

昨日はロードバイクの購入後はじめてまともに走ってきました。
気になっていたTOPの画像も変えられたので少し嬉しいです。
その話も徐々にアップしていきますが、まずはきっかけの続きを書いていきますね。

きっかけ0 では、私と自転車の関係性の薄さをつらつらと書いていきました。

そんな私が、ロードバイクに目覚めたのは、もう今更なんですが「弱虫ペダル」です。3年くらい前に薦められていたものの、漫画はすでに35巻以上出ていてハードル高いし、元々テレビは見ないしさらにアニメは苦手だしということで放置していたんです。

それが昨年の夏かな、サッカーをスカパーを見ていた時に、ふと無料で視聴できるということに気づいたんですね。無料だし、ちょっと見てみますかという軽い気持ちでみはじめたんです。

そしたらなんか面白いじゃないですか!(笑)

アニメっぽくなく、シンプルに熱い話として気持ち良く入り込めました。出てくるキャラクターも個性的。で一気に全部見ちゃったわけです。

そしてその後の話から今の連載しているところまでも気になっちゃって、薦めてくれた人に漫画を借り、自分でも借りた後の漫画を購入して読んじゃいました。

ちょうどその頃「Spare Bike」という、弱虫ペダルの映画が公開されたのですが、一人で見に行くはまりよう。われながらわかりやすい!

しかし、まだロードバイクを購入するということは考えず、元々持っていたMTBに久々にたまに乗っては弱ペダはすごいなーなんて思っているだけでした。

そしてこの楽しさを家族とも共有したいとオットに薦めてもなかなか「俺はいいよー」と見てくれない日々が続いていたのでした。

きっかけ0:自転車と私の付き合い

ブログのトップの写真が気に入らないのですが、どこかで綺麗な写真を撮ったら変えたいと思います。

しばらくの間きっかけ編を書いていきます。

 

最初のご挨拶にも書いたのですが、そもそも自転車には少し乗っていました。

大型オートバイに乗っていた時に、その仲間たちがロードバイクにはまったことがありまして、私もその波に乗ろうかと思ったときに、まずはクロスバイクからでいいんじゃないかな?とアドバイスをもらい、MTBにロードのタイヤを履かせればクロスになるぞ!ということで、Gary FisherのMTBを買ったのです。
(フレームサイズの問題もありました)

 

最初新宿から町田まで乗って帰ってこれたくらいなので体力はあった方なんだと思います。オートバイに乗っていたことで道はわかっていましたしね。

とはいうものの、実は普通に子供の時に乗っていたという体験がほとんどないのです。うちは坂の途中に住んでおり、どこに行くにも行きか帰りに激坂を登るという苦行がありました。

そのため小学校1年生で自転車に乗れるようになったものの、少し乗って後は乗らなくなりました。7歳からほとんど乗っていないのです。

 

MTBを購入したのは32,3歳のころ。なんと25年乗っていなかったんです。新宿で購入して、町田まで乗って帰ってくる前に、3キロくらい押して公園へ行き一人で練習をしてからいきなり公道を乗って帰宅した、というわけでした。

その後少し集中して乗ったものの、乗らなくなってから約10年。
2年前に再開しますが、体調を崩して乗ったり乗らなかったり。基本は街乗りで一日10キロ走れば多い方という、自転車経験値の異常に低い私が、ロードバイクを始めてしまうわけです。

 

次回は、ロードバイクの購入に至るところを書いていきたいと思います。

自己紹介

名前:おと(oto) 154センチ 太め

所有自転車
Ridley LIZ カーボン(2016年モデル)
Gary Fisher MTB (2003年)

2017年2月 夫婦でロードバイク購入しました。

一時期は1日100キロ超えてのライドも楽々でしたが
現在は10キロ程度の軽い練習をする程度。

これから少しずつ走れるようになる予定。

3,4年くらい前に10年後ロードバイクに乗っているというイメージを見たという不思議な体験もしています。(後々書いていく予定)

自転車以外の仕事などはこちらのブログで。
http://blog.wayomi.com/