ビンディング練習行ってきた 2月18日のライド(と個人的に気づいたビンディング練習のイロハ)

本日は納車記念日!
この日の記事はこちら。納車されたー!

そんなことは忘れていたのですが、Facebookが教えてくれました(笑)

今日はビンディングに慣れるために近場ライド。

ビンディング、右足をはめたままでというのは比較的できるようになってきました。なので左足を見ないではめるということを意識して行ってきました。

早めに左足を外すようにして丁寧に乗ります。
信号待ちなどでドリンクを取る時は右足も外しますが、それ以外は外さずに。
左足を外しながらでコケずに、下も見ないで往復できました。

で、あまりはめずに走った前回でしたが、今日は6,7割ははめて走れたんじゃないかなと思います。

今回自分でビンディングの練習をしてみて思ったのですが、「はめようとしすぎない」ことがいいのかなと思いました。

ステップとして

  1. フラットペダルで右足を外さずに(意識して右足を残しておく)乗って、右足を残した時のバランスに体を慣らしておく
  2. ビンディングの装着・外し方を練習しておく
  3. 右足だけ装着し、左足はビンディングをつけて乗ること(はめることではなく、漕ぐこと)を意識して練習
  4. 左足もビンディングをはめることに意識を持っていくこと

の順番で行うといいのかなと思いました。
簡単にどうやったか書いておきます。

1.フラットペダルで右足を外さずに(意識して右足を残しておく)乗って、右足を残した時のバランスに体を慣らしておく

そのままなのですが、右足をフラットペダルでも外さないようにするだけです。一時停止でもどんなときでも。

オートバイに乗る方はわかると思うのですが、右足は後輪のブレーキなので最後まで外すことは少ないのです。それと同じ感じ。

この感覚が少ないと立ちゴケしやすい気がします。
自転車に乗ることや低速でのバランスは私より全然うまいオットが、ビンディングにしたら立ちゴケしまくっているので、このあたりが原因かなと話をしました。

2.ビンディングの装着・外し方を練習しておく

体感しておくこと大切です。
私は固定ローラーで着脱の練習をしました。

3.右足だけビンディングを装着し、左足はビンディングシューズで乗ること(はめることではなく、漕ぐこと)を意識して練習

これは前回の練習。
ビンディングシューズでもはめなくても漕げることを体感しておく。
走り始めて、少し漕いで落ち着いた頃はめるというのが一番安全だと思います。
それまでははめずに走ることができないと安定しませんし、早めにビンディングを外した後も外して漕げないと失速しますし。

走り始めは、特に車道では車も一緒のタイミングで発進します。
自転車は安定するまでに少し時間がかかるけど、できるだけ交通の流れに乗って落ち着いてからはめるという方が安全だなと思います。(もちろん、すぐにはめられたらいいのですが、急に止まることも多かったりしますし、はめることでバランスを崩すなら、あと周りにして車体の安定を第一に考える方がいいと思いました)

4.左足もビンディングをはめることに意識を持っていくこと

ここまでできるようになると、ビンディングに気をとられることも減ってきます。こうなったらちょっと落ち着いて走り始め少し早めにはめて楽に走れるようにしてくといいのかなと思いました。

6,7割、ビンディングで乗ってみて

本日の平均速度17.8km/h、最高速35.6km/h(44.3キロを2時間29分)

前回同じコースだった時の平均16.5km/h、最高速33.1km/h(44.3キロを2時間41分)

年始、少し距離が短いけどほぼ同じコースの時の平均17.6km/h、最高速35.3km/h(39.2キロを2時間13分)

慣れていなかったビンディングデビューの時よりは明らかに良い数値。
でもフラットペダルで調子がよかった時とはあまり変わらないという数値です。
時間も変わらないかな。

ただ今日は走り始めてオットが立ちゴケ。その後大丈夫?と確認して走り始めたもののオットがこないので戻ってみたりということで10分くらいはロスしています。それを含めての平均値と時間なので、それを差し引くとかなり早くなっていると思います。

あとは疲れ方が全然違います。
今日は風もなく走りやすかったことも大きいと思いますが、足を運ぶのが楽で、踏み込む力を使わなくてもぐんぐん伸びるような気がしました。

ちょっと乗れそう!って思ったあとのジェラートは格別でした!
(今日はイチゴとラムレーズン!)

Rapha Festive500を振り返る 4「休息兼ねて軽めの4日目、リスタートの5日目」

Festive500の振り返り記事です。

きっかけはこちらから
初日はこちらから
2日目、3日目はこちらから

さて4日目。12月27日(水)のライドです。

この日は午後から仕事の打ち合わせがあるため午前中だけのライドです。なので早めに7時に出発。

いやー寒い!寒すぎます!!
さすが12月です。
サングラスが曇っちゃって少し危ない・・・・曇り止めとか必須ですね。

さて飽きてきてしまった補給食ですが、少し回復しきっていない気がしたので、機能性食品に頼ってみました。

効果のほどは・・・・よくわかりませんでした(汗
このようなものを飲んだのは期間を通じてこの1回だけだったことを考えると実感なかったとも言えます。

そしてコーヒーも。
冬場はほとんど飲まないコーヒーですが、この期間は美味しく感じでよく飲みました。カフェインと暖かいものが欲しかったのでしょうね。

この日は7時に出て、11時に戻ってきました。
それでも50キロくらいのライド。

残り200キロを切りました!

昼はラーメンを食べ、夜は居酒屋さんで軽く飲んで夕飯を。
いい気分転換の午後から夜でした。

さて、5日目12月28日(木)のライドです。

この日も天気には恵まれて境川を走ります。

今田休憩所から一旦サイクリングロードがなくなる遊行寺の付近まででを往復していたのですが、この区間は田園地帯で風が抜ける分、風が強いひは走りの影響を受けやすいことに気づいてきました。

ある程度の距離を戻ったりしながら走ったほうが気持ちよく走れるかも!っておもうようになりました。

ということでこの日は飯田牧場でソフトクリームをいただきます。

ソフトクリームは冬場がいいかも!飯田牧場のソフトクリームは出来立てほやほやで柔らかいのです。
夏場は食べようとする側から溶けてくるんです!

ということで、前日少し休んで気分転換したらいいペースで走ることができました。

この日はコンビニでパンを買ったり適当に。
甘いドリンクもよく飲みました。

この日は75.5キロくらい。

残りは3日で120キロ。だいぶ終わりが見えてきました!

補給食、何を食べるか、いつ食べるかが難しいです。

しかし走ることはかなり楽になってきました。
体が慣れてきたのかなと思います。

さぁ残り120キロ!

Rapha Festive500を振り返る 3「補給食に悩み始めた2日目3日目」

Festive500 2日目です。

きっかけはこちらから
初日はこちらから

すごいいい天気!この期間、お天気に恵まれたことは本当によかったです!

初日に、自分の脚力のなさから、ルート選択で走れる距離が変わってくると知ったので、いつも走る境川をとにかく走ることに作戦変更!

いろいろな場所を走ることも考えたのですが、今年の自分のチャレンジは500キロは8日で走破することに集中することにしました!

それでは12月25日のライド

気持ちよく走って、いいペースで江ノ島。
体をあたためたくてマックのモーニング。
しばし休憩します。

ここからまた戻ったのですが、藤沢の駅前がとにかく混んで走りずらいので、藤沢駅周りに行かずに、往復して距離を稼ぐことを決めます。

まだ一般道で混んでいるところの走り方はちょっと気を使うため、できる限り走る以外で疲れを残したくないという意図です。

この日は、藤沢から15キロくらい戻って境川おかわり。
で、95.6キロで終了です。

さて、3日目。12月26日のライドです。

2日走って気づいたことは、お店に入って休むと楽だけど時間がいたずらに取られるということ。

そして江ノ島には行かずに距離を稼ぐと決めると、境川近くには入れるお店はありません。

家にあったキャラメルを補給食として持っていきます。

そしておにぎりその1。これはゆかり。

日当たりのいいベンチで体を休めながらおにぎりその2。
具材はなんだったかなー。おにぎりはちょっと体に重く感じますね。
台湾風の細長いおにぎりが補給にいいかなと思っていたのですが、
ちょっとこの重さは私には向かないかも・・・
3日目くらいからちょっと補給食に飽きてくるという現象が・・・

淡々と5キロ範囲くらいを往復して距離を稼ぎます。
休憩所があるのでこまめな休みを入れやすくていい感じです。

体が冷えちゃうのが悩ましいです。

3日目は85.9キロ。
時間の割にはいい感じで走れています。

Stravaでこんな感じで経過状況が見られます。

3日目で半分を走れたのは、その後を考えるとちょっとホッとしてきました。コースも戦略も固まったのであとは淡々と走るのみ!

とはいってもまだ半分。続きます。